交通事故の過失割合

障害26

毎日どこかで起こっている数々の交通事故の中で、大きな怪我が伴うような交通事故は全体的には少なく、人身事故でも軽いむち打ち程度の交通事故が多いことでしょう。関連資料|交通事故後遺症:アディーレ法律事務所

とはいえときには後遺障害が残るほどの大きな怪我をような交通事故に見舞われることもあります。事故の大きさにもよりますが過失割合を決める段階でお互いのドライバーが、自分に過失がつくのは納得がいかないという意見を述べることもあります。

そもそもその都度交通事故の過失割合は自分の担当である任意険会社から知らされるだけで、どのようにして過失割合を決めているのか詳しく聞く機会はあまりないかもしれません。実際のところ交通事故の過失割合は誰がどのように決定してるのでしょうか。

実はこの過失割合というものは警察が決めているわけではなく、任意保険会社が過去の交通事故の判例を下に決めています。もっと言うと過去の膨大な判例が収められている資料をもとにある程度システマチックに決められているのです。

ですから任意保険の会社の担当者としては、顧客の要望に自由に添って過失割合において戦えるわけでは無いわけです。

過失割合が自分の側にもある程度ついてしまうという事は、自分が支払わなければいけない費用が生じたり、自分側にも責任があるため受け取れるはずの補償金が減額される可能性もあったりするわけです。

もちろん過失割合にどうしても納得できないという場合もあるでしょう。

そのような場合は保険会社に対して粘るよりも交通事故に強い弁護士などに相談する方が賢明です。