早めに弁護士に相談

交通事故の後遺障害認定の申請は個人でおこなうことも不可能ではありません。自分で全ての手続きをおこなうことによって弁護士等に仕事を頼む際の費用を節約しようと考える人もいるでしょう。しかし結論から言えばよほどの事情がある場合を除き、基本的には専門の弁護士に障害認定の申請を依頼する方が賢明です。

弁護士まず弁護士に依頼した方がスムーズに進む事柄としては、必要な書類の収集です。実際に交通事故で障害が残るほどの怪我をしたのに様々な資料の収集などを自分でやらなければいけないとなると、体力的にも時間的にも負担が大きくなるでしょう。

弁護士に任せておけばこうした必要な書類の収集を任せることができますし、間違いや抜けなども心配する必要がありません。そして最も大切な障害診断書の作成も適切に作成してもらえるでしょう。そして弁護士にこの仕事を依頼するなら相手方との賠償交渉まで任せることができます。ちなみに書類の申請は行政書士にも依頼することができますが、相手方との交渉に関しては行政書士ではできないため、この部分では特に専門の弁護士に申請依頼を任せるメリットがあるといえます。自分の将来に大きな影響を及ぼす障害認定の申請なので経験の豊かな専門の弁護士に申請を依頼するようにしましょう。