障害認定までの流れ

交通事故で怪我をして後遺症が残ってしまった場合、後遺障害を認定してもらうためにはどのような流れで事を運んでいく必要があるのでしょうか。まずは一定期間しっかりと治療をおこなう必要があります。そして医師からこれ以上は治療しても回復しないと判断されると症状固定になります。この症状固定の後に自賠責調査事務所に対して障害等級の認定を申請する流れになります。その結果等級認定されると後遺障害が残ったことが確定します。そしてこの障害等級は1級から14 級まで幅広く分かれています。

認定さらに1級と2級に関しては要介護かどこかによって2つに分かれます。ですから合計で16段階の等級が存在するということがわかります。もちろん1つの等級の中でも様々な症状が挙げられていますので、自分がどれに該当するかという事はなかなか判断が難しいものとなってきます。素人判断では全てを理解することが難しいため、医師の意見とともにやはり後遺障害の認定に慣れている弁護士の意見を聞く必要があるでしょう。こうした障害認定を受けられるかどうかは事故の被害者にとってその後の人生において大きな影響を及ぼすに違いありません。きちんと認定が受けられるように物事を進めるようにしましょう。